女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話3紹介感想

女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話3紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事は所要5分程度であらすじ、ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

『しょせん、女同士なんて学生の間だけ? そんなことない!』

鞠佳と絢は恋人同士。来週は待ちに待ったクリスマスパーティーだ。
しかし、鞠佳母のプチ入院で夜間外出禁止令が発令し、鞠佳は泣き崩れる。
このままじゃ記念日が一緒に過ごせないじゃん! そこで絢が立ち上がった。

「では、私が娘さんを守ります。おまかせください」
「…………………………え?」

父が単身赴任中の家に一週間、絢が泊まり込んでくることに。
それってつまり、ど、同棲生活ってこと!?
期待に胸ふくらませる鞠佳に対し、絢は決して手を出してこようとはせず……?

「なんで襲ってくれないの、絢!」

甘さ160%アップで紡がれる、幸せなその後を描いたラブコメディ。

口喧嘩では勝てない鞠佳の体を張った戦いは、続く──。

ネタバレ感想

前半は鞠佳の母親の入院もあっていちゃいちゃする感じが続き、この巻ずっとこんな感じなのかなぁ?と思いながら読み進めていました。
後半はクリスマスと絢の誕生日もあり、そこでのハプニングにより、鞠佳はまた成長を遂げるのでありました。
母親にもカミングアウトし、このまま公認のまますんなり進むのかが今後の焦点でしょうか。

さて、今回は半分くらいまでひたすら話が進まず、いちゃいちゃしてるだけという感じだったので私としては特筆して書くことがないんじゃないかと思いながら読んでいましたが、
後半のクリスマスの西田との喧嘩なんかは人生論的なぶつけ合いになっててわかるわぁと思いながら読んでいけました。
次巻も続けて読んで行きますが、2巻の後半が衝撃的だっただけにどうしても今巻はシナリオ的な意味でパワー不足に感じてしまいました。

U-NEXT
おすすめの記事