女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話4紹介感想

女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話4紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事は所要5分程度であらすじ、ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

『ふふ、絢の理性が勝つか、あたしのプランが勝つか……勝負だ!』

鞠佳と絢は恋人同士。ふたりの関係を先に進めたい鞠佳は、なぜだか気が進まない様子の絢に悶々と悩む。やはりトクベツなきっかけが必要なのでは? そう、季節は都合よくバレンタインデー。ならば利用しない手はない!

友達とバレンタインデー同盟を結成し、チョコ作りに励む鞠佳。しかし、浮き足だった乙女たちは次々と相談を持ちかけ、スーパー陽キャの鞠佳もキャパシティオーバー。それでも鞠佳は立ち止まらない。

「あたしはぜんぶ自分のためだよ! だって友達が楽しいと、あたしが楽しいんだもん!」

甘さ200%アップで紡がれる、幸せなその後を描いたラブコメディ。

絢の弱点を知り尽くした鞠佳の戦いは、続く──。

ネタバレ感想

バレンタインがやってくる。後輩が絢を好きだって知り、戸惑う鞠佳だったが、
背中を押すも結果は当然のように玉砕し……
鞠佳は次の一線を越えたいという自分の想いを伝えるも、絢のトラウマを呼び起こしてしまう。
今巻も書くことが少ないかなぁと思いながら読んでおりましたが、
友人の恋愛が無事に進んでいたり、安心して読めますが、自身はもう一線を超えられず。絢のトラウマがなんなのかは進級した次巻へと続くようですが、
無事にこの2人にも春がやってくるのか楽しみに待ちたいと思います。

 

U-NEXT
おすすめの記事