カノジョの妹とキスをした。2巻紹介感想

カノジョの妹とキスをした。2巻感想

前巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、全体の感想・ネタバレ感想を語る感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

不純愛。
それは毒々しいまでに甘い純愛。

初めての恋人・晴香と付き合って一ヵ月。親が再婚し恋人とそっくりな義妹が出来た。名前は時雨。晴香の生き別れの妹だ。
俺はそんな義妹とキスをした。重ねられた時雨の唇の感触が忘れられない。晴香とキスはそれに塗り潰されて思い出せないのに。時雨を異性として意識する時間が増える。
でもそんなのは晴香に対する裏切りだ。俺は晴香との仲をもっと深め、時雨と距離を置こうとする。
だが俺がそう決意した日、時雨が高熱を出して倒れてしまい……?
彼女の双子の妹からの告白。高2の夏休み。お泊りデート。動き始める“不”純愛ラブコメ、『堕落』の第二巻!(Amazonより引用)

全体感想
1巻の衝撃的な時雨とのキスを終えて、博道はどうしてもその感触を消し去りたい。その為に恋人晴香ともう一度キスをする事を画策するのだが、うまくいかない。
そこで友達も誘ったキャンプを企画するのだが…
晴香の過去のトラウマ、時雨の想い、博道の願いが交差して……

ネタバレ感想

2巻ですね。それぞれの純愛が交差して不純化していきます。時雨を応援する身としてはこの展開は理想通りなのでは?とも思っていますが、完全に頭おかしい人だと思われそうです。

過去のトラウマからピュアとしか言えない恋愛状態を維持したい晴香。もう止まることを知らない時雨の想い。それをかわしたいが故にさらに晴香を追い求めて傷ついていく博道という構図なのですが、姉妹の恋愛観が全く逆なのでこうなるのも仕方ないでしょう。
私は実際にどちらの気持ちもわかるんです。晴香の本当に清い恋愛感情は肉体関係にこだわらない。時雨の恋愛感情は肉体関係がなければ成立しない。
わかります。私はどちらも経験した事がありますし、どちらが正解とも言えないです。でも晴香の意見を10代の若者に理解しろという方が難しいでしょう。
そこを考慮すれば時雨が圧倒的に正しいと思うんですよね。そう考えるともうこのカップルは成立しないんだろうと思います。
時雨の思うように先に出会っていれば結果は違った。その通りだったでしょうね。私はどうしても時雨からの視点で見てしまうんですが他の方の感想なんかを見てるとフラットに見ていたりするので、感想を見て回るのも楽しい作品です。
今回も衝撃的なラストを迎えて次回に続くって事なんですが、おそらくこの姉妹関係も壊れていく可能性があります。
ここまできたらライトノベルの領域を超えて欲しいと願っています。

U-NEXT
おすすめの記事