ティアムーン帝国物語3~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ 紹介感想

ティアムーン帝国物語3~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ 紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ
「ボク、お祖母さまにずっとお会いしたかったんです!」 革命鎮圧から半年。優雅に春休み満喫中の元わがまま姫ミーアの前に、未来から、自身の孫娘・ベルが現れた! ようやくギロチンを回避したと思ったのに、今度は未来で帝位の継承権争いが勃発。ミーアは毒殺され、ベルも処刑寸前らしい。発端となった聖女ラフィーナの独裁を止めるため、泣く泣く勝算ゼロの生徒会長選に出馬することに。だが、ミーアの血を受け継ぐベルは、頼りになるどころかへっぽこで……!?己の欲望全開の選挙公約を胸に、Wポンコツ姫が流転する運命に立ち向かう! 保身上等! 自己中最強! スイーツ必須! 歴史改変ファンタジー第3巻! 書き下ろし中編&巻末おまけ「ミーアの日記帳」&描き下ろし四コマ&コミカライズ最新話を豪華収録!

ネタバレ感想

未来から突然やってきた孫娘が語る、これから自身に降りかかる最悪の未来を回避するには生徒会会長にならなくてはいけなくなり、会長選挙へ立候補するが……
やはり帝国の叡智の考える事はすごいという周りからの評価とあくまで自分ファーストで生きているというギャップが面白い。やはり印象って大事だなと思ってしまいますね。
現実でもこれだけ聡明な方がおっしゃるんだからきっと深い何かがあるんだろう。とか、勝手にこちらで慮ってしまう事ってあると思います。

生徒会会長選挙をどう乗り切るのかと思いましたが、立候補を取り下げさせてしまう程にミーア姫は成長して(周りが勝手に妄想を増幅させて)いるという状況。
そろそろ誰かにボロが出そうじゃないかとハラハラしながらページをめくりました。この作品は楽しみながら出来る自己啓発になって良いと思います。

U-NEXT
おすすめの記事