ティアムーン帝国物語4~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ 紹介感想

ティアムーン帝国物語4~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ 紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ
「姫殿下、その叡智で我が師を説得していただきたい」
孫娘ベルと、未来改変の一歩を踏み出した元わがまま姫のミーア。帰国した彼女を待ち受けていたのは、忠臣の無茶振りーー偏屈頑固な超変人賢者の説得だった! 理由を聞けば、ある公爵令嬢の妨害工作で、開校目前だった聖ミーア学園の学園長候補が全員逃走。唯一の頼みの綱はその師匠らしく......? 
目指すは、来たる大飢饉に備えた「未来の天才児たちによる新種小麦の開発」。優秀な長を手に入れ、帝国に学問の門戸を開くべく、叡智・ミーアが動き出す!
「こうなったら、わたくしが教鞭を取って差し上げますわ!……あらアンヌ、なぜ止めますの?」
保身上等! 自己中最強! 小心者の自称敏腕教師が、孫娘と運命に徹底抗戦する、歴史改変ファンタジー第4巻!
書き下ろし中編&「ミーアの日記帳」&おまけ四コマ他、豪華収録!

ネタバレ感想

今回もいかんなく発揮される帝国の叡智(勘違い)ですが、
そもそもの根幹のミーア姫の優しさや石橋を叩いて渡るかのような気遣いがあってこその周りの勘違いなので、本来からかなりしたたかなんじゃないかと思いますね。
前世でのアンヌやルードヴィッヒからの信頼もそこから来ているのではないかと思います。
複数視点からの解説が良く出来ていて、人生って物の見方ですごく変化するんだなってのを実感しました。
今回はそんなにお話が進んだ感じはしませんでしたが、帝国の闇の尻尾に気づき追いかける忠臣と、島での嵐によるサバイバル生活で何かを見つける事が出来そうなミーア姫達とを笑いあり、涙ありで楽しむ事が出来ました。

U-NEXT
おすすめの記事