お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3巻 紹介感想

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件3巻 紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、全体の感想・ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

春、新学期、縮まる距離――
「私だけのけ者なのは……いやです」

「小説家になろう」発の大人気ラブストーリー、第3弾

「皆さん周くんと仲良くしてるのに、私だけのけ者みたいです」
二年に進級し、同じクラスになった真昼と周。徐々に学校でも距離を近づけようとする真昼とは裏腹に、周は“天使様”への遠慮からなかなか踏み込めずにいる。
千歳らの気さくな振る舞いをきっかけに、クラスメイトたちとの間の壁も少しずつなくなりつつある真昼の姿を眺めながら、周は治りかけの古傷をそっと思い返していた……。
Webにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語、第三弾。

全体感想
才色兼備のクールな天使・椎名真昼と勉強はそこそこだが家事はからっきしの藤宮周との友達以上恋人未満なストーリーです。
2年に進級し、周は真昼と(友人カップルの樹と千歳も)同じクラスになる。これを機に距離を一気に詰めようとする真昼に、周自身は恋愛感情がないから成立する関係だと思っていて困惑気味。それをきっかけに新たな友人関係が周の過去のトラウマも呼び起こし……

ネタバレ感想

クールだった真昼が小悪魔になってしまったというのがまず大きな進展だと思う。
そもそも周は恋愛感情がないから今の関係が成立していると思っているので、それを崩すような事をしたくない。
しかし真昼から見ればそんな事はさほど大きな問題ではなく自分が料理作りたい、家事がしたいと思えば出来るのでグイグイ来るわけです。
普通の恋愛なら惚れた側が苦悩したりするんでしょうが、これは両片思いです。惚れたら負けが多い恋愛関係で、惚れたら勝ちって状態なのが両片思いなんでしょうね。
しかも積極的に動いた結果、友達との関係や周の家族とも円滑に事が進んでいる。ならば動かないという選択は当然ないわけです。
自己評価の低い周は出来るだけ目立ちたくなく穏やかに学校生活を過ごしたいのかもしれませんが、友人カップルの樹と千歳の隠れた協力もあり、周囲に配慮した上で積極的に関わらせようとしてくるのも見ていて良い親友だなと思います。イケメンの優太との関わりで過去の友人関係のトラウマも呼び起こされますが、樹の助言のおかげもあり、現時点では火種にはなりません。
後半では明確に周の気持ちもある程度告白に傾いてきますが、やはり踏み出せない。そんな周を見ていて真昼はどんどん外堀を埋めていき、最終的に間接告白をする事になります。

私は常々思うのですが、学生の付き合いはオープンにする方が良いと思っていて、私が学生時代にいた彼女とは休み時間にクラスに行ったりしていたので持論でもあります。
月がきれいというアニメがあるんですが、そちらでも隠れて付き合う事でライバルが出てきたりとかあまりメリットを感じないんですよね。
真昼はモテますからそれによって常に告白をされたり、危険な告白を受ける場合があるというリスクを考えると、周が自己評価の低さをいかに克服するか。常にイケメン周で学校に通い、真昼と対等に過ごすかが平穏を取り戻す近道になるのではないかと思います。

最後にクラスの生徒の前で披露することになった間接告白に周がどう応えるのか、まだクラスの生徒には周だと思われていないので間接という表現を用いていますが、とても良い告白の方法だなと思います。
クラスの男子には彼氏がいるって事で以後の告白への牽制にもなります。問題があるとすれば女子からあーだこーだ聞かれるかもしれませんが、女友達の千歳がいれば大丈夫でしょう。
しかしバレるのはもう時間の問題でしょう。バレるのが先か、周が男らしく告白に向かうのか。4巻を楽しみにしたいと思います。

U-NEXT
おすすめの記事