弱キャラ友崎くん Lv.2 紹介感想

弱キャラ友崎くん Lv.2 紹介感想

前巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、全体の感想・ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

弱キャラの第2ステージは生徒会選挙!?

人生はクソゲー……ではないのかもしれない。少なくとも良ゲーであることは認めてもいい。学園のパーフェクトヒロインこと日南葵と付き合う(そういう意味ではない)ようになって、俺、友崎文也の価値観は根底からひっくり返されることになった。まあまだ神ゲーとは認めてないんだが、このゲームの最強プレイヤーである日南の指導のもと、レベルアップに励む日々だ。

季節は初夏。生徒会選挙の時期。日南が会長に立候補するのは当然として……え、みみみも出るの!? みみみをサポートすることになった俺は、これまでの経験をもとに日南に挑むが――?

発売即重版の話題沸騰作!! ちょっぴりレベルアップした弱キャラが挑む人生攻略論第2弾!(Amazonより引用)

全体感想
生徒会選挙の会長に日南葵が立候補。これは想定内。「みみみ」こと、七海みなみも立候補する事になり、友崎はリア充計画の一環を兼ねて「みみみ」陣営に付く。
葵を何とか倒そうと試みるが、友崎が考える作戦を葵は軽く越えていく。

ネタバレ感想

友崎は成長していますが葵が強すぎますね。最終的にどのタイミングで2人が恋愛モードになるのかはわかりませんが、友崎は葵の言う通りにやり、失敗しながらもレベルアップしてきました。その中間テストみたいなものでしょうか。今回は生徒会会長に立候補した「みみみ」こと、七海みなみのサポートについた友崎ですが、葵との力の差を見せつけられます。
みみみは万年2番手というコンプレックスを抱えていたのもあって、対抗意識はバリバリですが、体力的にも精神的にも葵に追いついていきません。
「今すぐやめたいくらいつらいけど、たぶんここでやめたらもっとつらい」や、雨の日のみみみの努力の限界を見せらせて、やはり葵は元々が努力に対して高スペックなのを理解させられましたが、人生というゲームは能力値の勝負ではありません。選挙の結果としては大敗だと思いますが、友崎の作戦やサポートが大幅に間違っていたとも思えないので、相手が悪かったという事でしょう。
登場人物それぞれが闇を抱えていそうな感じなのが妙にリアルなんですよね。そういった意味で長く見守っていきたい作品です。
実は菊池さんとの関係が興味深かったり…というか私は菊池さんの方が好きかもしれませんが……
とりあえず今の所はどこからも恋愛の矢印は出ていない?模様なので今後の進展に期待したいですね。

U-NEXT
おすすめの記事