弱キャラ友崎くん Lv.3 紹介感想

弱キャラ友崎くん Lv.3 紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、全体の感想・ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

こんなの弱キャラの夏じゃねえ!

怒濤の一学期が終わり、夏休み。
薄々特訓漬けになる気はしていたが、日南葵というリア充モンスターは俺の予想のはるか先をいっていた。

「まあ簡単に説明するとね、優鈴と中村をくっつけようって合宿なのよ」

BBQからの川遊びからの男女お泊まり。まあ、リア充を絵に描いたようなイベントだなと思う。問題はただひとつ。そこに俺も参加するということである。なにこの圧倒的違和感。
男同士のトークも頑張れって日南の意図は分かるけど、中村となに話したらいいんだよ……。さらに、日南のスパルタは止まらない。

「この夏の目標は、『菊池さんと付き合うこと』ってところね」

いやいやいや、それもうほとんど最終目標だろ! 俺の夏休み、どうなっちゃうの!?
バイト、合宿、デート……弱キャラにあるまじき、充実した夏が始まる!!

『このライトノベルがすごい!2017』で新作部門3位にランクインした超話題作、待望の続刊!! 弱キャラが挑む人生攻略論第3弾!

全体感想
夏休みが始まる。リア充7人でのキャンプが始まり、優鈴と中村をくっつける作戦が始まり、そこで友崎の思いついた方法とは?
順調にデートを重ねる友崎と菊池さん。しかしお互いに感じる違和感が表面化し……友崎はそれを葵に告白する。
今回はネタバレしないで語れる事も多くなく(毎回ここに悩むわけだが…)未読の方は行ってらっしゃいとしか言いようがないです。

ネタバレ感想

まず菊池さんがかわいいですとしか言いようがないですね(インドア派)
今回はキャンプでのリア充との付き合いを経験し友崎が成長していく上での違和感や本当の目的について考えさせられる回でした。
「努力によって得られる結果がはっきりとわかると、努力もだんだんと、苦じゃなくなってくるのかもしれない。」
最初は自身の成長に自信を覗かせて行きますが、徐々に雲行きが怪しくなっていきます。

「水沢は頷く。「俺はさ。ま、文也みたいに言うなら──なんか、毎日がゲームみたいっつーの? けど俺は、本気じゃないんだよな。操作してるのは俺だけど、動いてるのは俺じゃないっつーか。失敗しても、つらいのは操作されてるその『キャラクター』で、俺じゃないんだよ。うまくいっても嬉しいのは俺じゃないし……楽しいのも、俺じゃない」
この水沢の言葉に私は自分の置かれている(リアルの)現状に納得がいきました。私は今、プレイヤーで生きているのだと……だからどこか他人事で何をやっても渇望感があり、実感が乏しい。かといって絶望感もない。穴の空いたバケツに水を注ぎ込んでいるかのような日々に追われ過ごしている。

「それは──つけていた仮面を捨てて、自分の本当にやりたいことに本気で向き合うという道。  そしてその答えを受けてなお、自分の答えが微塵も揺らがなかった日南。  それは──つけている仮面を頑なに守り、完璧な演技をこなし続けるという道。  あの二人はどこか似ているようで──けれど、本質的な部分が決定的に違っていた。」
水沢は仮面を捨てて生きていくことを選ぶことにした。そこに動じない葵。友崎はこの後に宣言するが、両方を目指すハイブリッドになると誓う。

「「人間が言う『本当にやりたいこと』なんて、いまの自分がたまたま、一時的に、それが一番いい状態だと勘違いしている幻想でしかない。だからそんな一時的な勘違いに縛られて、本当に生産的な行動から目を背けるのは、無意味ってだけ」」
葵の主張は正しい。でもそれだけでは苦しかったり疲れてしまったりするのも事実であり、そこに友崎は気づきを得る。

「少しずつ努力を重ねて、自分の能力が上がっていって。少しずつ環境を変えて、他者との関係が変わっていって。そうして先入観が薄まって──世界の感じ方が、確実に変わっていって。たしかに現実での努力は、自分にできることを増やしたり、周りの環境を変えたりもできる。けど、それ以上に。『自分から見える世界の色が、まるごと変わる』。」
友崎が見ている世界と葵の見ている世界はずれが生じている。今後の軋轢になるかもしれない。でもそこをお互いが事実上消化、いや昇華した時に本当のリア充化計画は完成するのだろうと思う。そこが友崎の目指す『ハイブリッド』な自分だけが見ることのできる世界なのだろう。そこに辿り着いた時に葵はどんな気持ちになるのか。

読むまではキャンプで葵との進展があるのかもと思いきや、(実際には肝試しのアレがあったりするが……)菊池さん回と言っていいのではないでしょうか。
菊池さんの話すモノクロとカラフルの世界にヒントを得た友崎は自分の理想が何であるかを自問自答しその答えを葵にぶつけます。さらにそれを葵にも付き合わせようとするのが、師弟関係だけではなくなっていく。今後の2人の大きな関係の変化になっていくのではないでしょうか。
社会人だからこそ感じる事が多いのかもしれないですが、今、リアルで本当に凡庸に生きているなと思ってしまいます。社会人だからこそ現実を見てしまうのかもしれないですが、自分のやりたい事と演技をしなければいけない部分の比率をもっと変えていっていいのではないか。と考えさせられました。

U-NEXT
おすすめの記事