弱キャラ友崎くん Lv.4 紹介感想

弱キャラ友崎くん Lv.4 紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

こんなの無理ゲー?弱キャラvs女王再び!

人生で一番濃密だった夏休みが終わり、2学期。
俺と日南は少しだけ関係性を変えながら、それでも一緒に人生攻略を続けている。
さて、2学期はじめのイベント、球技大会。
日南から出された新たな課題は「やる気のない紺野エリカにやる気を出させること」。紺野エリカといえば、あの旧校長室で啖呵をきって以来、まともに言葉も交わしていない。だってこわいし。
俺はクラス内の観察を通して、紺野エリカに通用する「武器」を探すが――?

ボス戦再び!? 大ブレイク中の人生攻略ラブコメ、待望の第4弾!

 

ネタバレ感想

前巻でハイブリッドを目指すと誓った友崎。今回は集団の空気を操る特訓を課せられます。
そんな中で中村が家庭の喧嘩で学校に来なくなり、それを解決する際に友崎と泉の想いと葵の気持ちが交差した結果、結末は大きく変化するが、葵にやっている事は自分と同じく合理性の追及だと一蹴されてしまう。

集団というのは『空気』で動く。だから、現状ではその集団を操る『権利』を持っていない人間で
も、『空気を操る力』さえ持っていれば、その集団の実権を握ることができる。それを常に行うこと
ができるようになれば、どんどんと権利が大きくなって

球技大会にやる気のない紺野グループのトップである紺野エリカをやる気にさせることが今回の目的ですが、
一筋縄ではいきません。

「そんな気がしますよ。だってその人、クラスでいばったりしてるわけですよね? ってことは、すご
い心のパワーありますもん。いばったり偉そうにするのって、めちゃくちゃ疲れるじゃないですか。
まったく体力使いたくない人はやらない」……
『見下されたくない』という『欲』を、できるだけ『コスパのいい努力』で満たす。

友崎の調査の結果、コスパが良ければエリカは動くだろうという見立てが出来た。
結果、球技大会は無事に男女優勝で幕を閉じた。
中村と泉がこれをきっかけに付き合う事になるが、エリカはそれが気に入らないのか、いじめを開始するが、クラスメイトを救った、たまちゃんが標的になってしまう。
友崎はこれを見て、策を練るのだった。

というわけで、今回のお話ですが、空気を読むということに関しては私は特に何も考えなくても出来ていた自負があるのですが、それを言語化するという能力は得意ではないのでとても参考になりました。
ここまで考察をきちんと掘り下げて丁寧に言語化してくれているので非常にわかりやすかったし、学生時代を思い出しながら、いるよなこういう人みたいな感覚で読めました。
あとは主人公がかっこよく球技大会でクラスを救うみたいな事もなかったので、ある意味リアルだなと思いました。
友崎が葵との違いを鮮明にアピールしたい気持ちもわかりますし、自分のやり方が出来たのも成長なんだと思います。
恋愛に関しては友崎にはまだ誰からも矢印が向いていない?と思いますし、友崎もそうでしょう。
無意識化ではあるのかもしれませんが、そこに自分が気づいた時にどうなるのかも楽しみです。

U-NEXT
おすすめの記事