弱キャラ友崎くん Lv.5  紹介感想

弱キャラ友崎くん Lv.5 紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

強キャラの弟子ができました。

教室での一件を受けて、まさかの師弟関係と相成った俺とたまちゃん。
表情、姿勢、喋り方。
俺は師匠として、自分が『リア充』になるために重ねてきた努力とノウハウを、たまちゃんに伝えていく……が。
ここで問題が発生する。意外というかなんというか、たまちゃんは普通に“強キャラ”だったのだ。
ていうかむしろ、俺より強い可能性すらある。あれ? 師匠ってなんだっけ?
俺がやってきたやり方では、たまちゃんを変えることはできない。じゃあ、俺にできることって一体?
そんなとき、協力を買って出てくれたのは……意外な人物だった。
「――なにやら、お困りの様子かな?」
強力な仲間を得た俺たちは、一つのゴールへと、少しづつ進んでいく。
パーティを組めば、戦い方が変わる。戦い方が変われば、いままで倒せなかった敵だって、倒せるようになる。
それに俺だって、少しは役に立つようになってきた……はずだからな!
――『みみみを悲しませない』。
そんな、なによりも大切な目的に、辿り着いてみせる。
大切な目的のためなら、自分を変えてでも正面から戦う。
そのやり方はきっと、誰かさんに教えてもらったことなのだ。
――大人気人生攻略ラブコメ、待望の第5弾!

ネタバレ感想

いじめの標的にされたたまちゃんだが、「変わりたい」という気持ちを確認し、たまちゃんの指導を友崎が引き受け、チーム友崎が結成される。
教室ではその変化を感じ取れる段階まで成長するのですが、一歩間に合わず……
それはカーストトップの紺野エリカへと向けられる、日南葵の圧巻の怖さをまざまざと見せつけられるきっかけとなります。
魔王となった葵は悪意と正義を物語中で、恐怖を読者に与える事に成功します。
って、でも一番きついのって葵なんだよこれ。経験したらわかるから……

私もクラスのいじめとか不登校に向き合ってきた経験があります。
それは生徒会副会長だったり、学級委員長を歴任していたのでクラスの空気には敏感でした。
私の場合は自分が竹井のように道化として振る舞う事で、空気を変化させるという方法を使用していました。
いじめというのは対象者が他に移るだけでずっと残り続けるものだったので、
空気を笑いに変化させる事で凌いでいた感はあります。マネをして上手くいかなくても怒らないでね。
そんなわけで今回はどうやって解決するのか見えないなと思いながら読んでいましたが、
最終的にそう来ましたか。というか、それ以外ないよね?と思い直したわけです。
友崎が成長するストーリーはずっと見てきていたわけだから、本当の葵の強さを見せる時でした。
なのでこの展開が読めなかった私はまだまだ浅いんでしょう。
まぁ今回一番きつかったのはたまちゃんだと思われがちですが、ちょっと待ってください。と。
私は葵が一番きつかった説をおしたいわけです。
それは葵にとって、これ成功しても特に得るものもないし、失敗したら自分の地位が堕ちるわけです。友崎達が動いてるわけだから、傍観者でいるだけでもよかったわけです。
大切な物を壊されて、そこで動いちゃうくらい感情を揺さぶられて、その結果の合理性の魔王降臨だったわけです。
強かった。圧巻でした。失敗が許されない、計算つくされているが少しでもずれた時の軌道修正、空気を大きく変える事への重圧を見事に跳ねよけやってくれましたので、MVPは葵でしょう。
友崎は思うところがあるようですが、私は完全にこれで良かったと思います。

U-NEXT
おすすめの記事