弱キャラ友崎くん Lv.6.5 紹介感想

弱キャラ友崎くん Lv.6.5 紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

少女たちの想いを綴る、珠玉の短編集!

あの日、彼女はまだ完璧じゃなかった。
あの日、彼女は人前で初めて泣いた。
あの日、彼女はすべてを振り切るスピードが欲しかった。
あの日、彼女は――……。

日南、菊池さん、みなみ、優鈴――。
少女たちのあの日の想いが、ここに紐解かれる。

6巻と7巻をつなぐ彼女の気持ちも……?

「弱キャラ友崎くん」の世界がさらに色づく、珠玉の短編集。

ネタバレ感想

友崎の周りのキャラの短編集です。読者の知らない過去や、友崎以外の視点からどう見えていたのか。とか、非常に興味深く読ませて頂きました。
やっぱり一番読み応えのあったのは友崎への告白シーンのみみみ視点でした。心情描写が私も学生時代を思い出してドキドキしてしまいました。
次に印象に残ってるのは水沢のバーのアルバイトですかね。自分がバーが好きなので親近感がわきましたね。葵の中学時代もあったりと飛ばさなくて正解でした。

「努力っていうのはもちろん、なにもなく自分を律して継続できればそれが理想だけれど、なかなかそれだけじゃうまくいかない。だから大事なのは、俯瞰で自分の感情の動きを分析・管理して、モチベーションをコントロールすることよ」

継続という努力の難しさは散々語っておりますが、どうやってそれを身につけるのかが一番難しい事であると感じますし、それは努力でどうにかなるものではなく才能ではないのかと思っていましたが、最近はそうでもないのかもしれないと思い始めています。

「絶対、なんでも自分の思ったとおりになんていかないんだから、思ったとおりにいかないことを前提にして環境とかを作らないと、やっていけなくなっちゃうってことかな」

これは特に感じます。自分だけでも難しいのに他人が絡んだ時はまずコントロール出来ないです。そこをどう折り合っていくか、あらかじめ着地点をどこにするか決めてから環境を整えていかないとだめだなと最近非常に感じております。

U-NEXT
おすすめの記事