弱キャラ友崎くん Lv.6 紹介感想

弱キャラ友崎くん Lv.6 紹介感想

前巻と1巻の紹介はこちらから

※この記事はあらすじ、ネタバレ感想を語る紹介感想記事です。ネタバレを回避したい方はネタバレのバナー前までお読みいただき、作品を読破した後に続きをご覧いただければ幸いです。

ストーリー・あらすじ

文化祭目前、さまざまな思いが錯綜し――。

たまちゃんの問題がいったん解決し、文化祭を目前に控えた11月。

俺、友崎文也は日南との会議を再開し、また課題にとりくむ日々を送っている。
文化祭に積極的に関わりながら、集団での立ち位置を確立していくのがこれからの目標だ。

そんなとき、日南が俺に尋ねる。

「――あなたは、誰が好きなの?」

それは、俺がひたすら保留にしてきたこと。
「三年に進級するまでに彼女をつくる」という目標に向けて、避けては通れない問い。

日南は言う。誰を選ぶのかと。

けど、俺に誰かを選ぶ権利なんてあるのだろうか?
成長してきた実感はあるけれど、それでも、心の奥底で俺の弱キャラ精神が言うのだ。

――選ばれるはずのない俺が、誰かを選ぶなんておこがましい、と。

各賞総ナメの大ヒット人生攻略ラブコメ、待望の第6巻登場!

 

ネタバレ感想

文化祭を盛り上げるためにリア充グループとともに委員を務める事になった友崎。
演劇の出し物の脚本で菊池さん。漫才でみみみと組むことになったが、他校の文化祭での行動にみみみが焦りを感じて告白……
水沢の言うモテるやつがモテるをしっかりやりきったなぁと思いながら読んでました。
友崎自身はそう思ってないですし、自己評価が低すぎるのでどうしようもありませんが、最終的に気づきを得た友崎はどう動くのか?私は個人的には菊池さんが好きなのですが、みみみのまっすぐなトコも良いなと思ってしまいました。

文化祭といえば学園ラブコメでは定番のイベントです。どれがどういう文化祭だったかきちんと書いておかないと混同してしまわないか心配ですね。(それもあってこれを書いています)
今回は水沢がレクチャーする側に回っていましたが、葵じゃ教えられない事もあるし、これが直接友崎の自虐に気づかせる良い方法だったと感じました。
学生で自己肯定感が低いリア充ってのは珍しいとは思うので、こればかりはメンタルを鍛えるしかないんじゃないかと思いますが、今後が楽しみですね。

U-NEXT
おすすめの記事